大和屋助五郎の活鯛流通システム


 元和二年(1616年)に本小田原町に住んだ大和屋助五郎は、翌三年より営業を開始し、それから十年以上の歳月をかけて活鯛流通のあたらしいシステムをつくりあげていきます。
 助五郎は駿州地方の各浦を回って漁民と契約をし、かれらに仕入金を貸付けた上で、その浦々に活鯛場を設けました。そして旅人(たびにん)と呼ばれる在方問屋に対してもすべてに仕入金を与えて独占的な契約を結びます。それによってそこで捕れる鯛はすべて助五郎に渡ることになるわけで、さらに鯛だけでなく、広くその地方の魚類を引き受けるということをしました。

 従来の問屋のやり方は、それぞれの旅人との結びつきによって特定の魚を仕入れるというものでしたが、助五郎は産地に資本を投下した上で、そこの魚をそっくり自分のものとする。産地とすれば、何しろすべては仕入金で縛られていますから、助五郎以外の問屋には荷を出すことは出来ません。その浦は助五郎の独占となります。
 これは相当の資力を必要とする事業であり、漁法、蓄養、運搬とさまざまなノウハウにかかわってくる大がかりなものです。助五郎はパイオニアとして、この難業を貫徹し、独占的な営業を打ち立てることで巨利を得たのです。

 大和屋助五郎の功績はまさに魚問屋体制の確立にあります。その大規模な活鯛流通システムは魚河岸のなかでも際立ったもので、むしろアウトサイダー的な位置づけになるのでしょうが、その後の魚問屋は多かれ少なかれの商売の影響を受けたことと思います。各地から集まってきた魚商たちは皆、自分のところに魚を送って来る浦を持っていました。最初に店をひらいた森一族らにしても佃島という自分の浦があり、その後、さら各地に浦を求めていきます。
 魚問屋が浦を支配していく体制を確立することによって魚河岸は確固たる地位を築いていくのです。


〜〜〜魚河岸ミステリー その4〜〜〜
〜〜〜 森一族と大和屋助五郎に対立はなかったのか 〜〜〜


 元和二年(1616年)当時、魚河岸は森一族の独占状況にあったわけで、そこに外部から新規参入した大和屋助五郎は、いわば「殴りこみ」をかけたに等しい行動だったことでしょう。とすれば、既権利者である森一族が黙っているはずはなく、両者の間に何らかの確執があったと考えるのは、むしろ当然のことと思います。
 しかるに『沿革』には、どこにも対立の記録はなく、

 「……元和二丙辰年、和州桜井町大和屋助五郎此地ニ来リ、本小田原町ニ住居シ
魚商トナリ、本小田原町、本船町ニ於テ更ニ市場ヲ開クコトヲ許サレ……」


 とさらりと記述してあるばかりです。
 『歴史』は、元和年中(1615〜24年)に町奉行島弾正忠による改めがあったことに注目して、この改めが森一族と大和屋助五郎との間の訴訟事件をきっかけにしたものではないかとした上で、森九右衛門ら一族にはこれまで通りの営業を認めると同時に、助五郎には記述のように「更に市場を開くこと」が許されたのだとしています。また、以後町奉行の改めというのが魚河岸の制度確立に重要な意味を持ってくることを指摘しています。
 さらに、助五郎の後見人としての町年寄奈良屋の存在を述べ、喜多村、樽屋と並んで江戸三大町年寄として町人町を支配する最高地位にある奈良屋が、大きく助五郎を引き立てたではないかと推論しています。それは、安藤対馬守が森一族にとっての絶大な庇護者であったのと同じようなものでしょう。
 そうしてみると両者の持つ権限は、政治力によってもたらされたものであるけれど、それは単なる枠組で、内実はずっと流動的であり、不確定な要素が強かったということでしょう。森一族は佃島を賜り、幕府への納魚の義務の見返りに江戸湾の漁業権を得て、さらにそれを市中に売ることが許されましたが、だからといって売場の独占まで保証されるものではなかった。助五郎にしても、やはり納魚を名目として、あらたに売場を開くことを許可され、さらに責任ある活鯛供給を任されて、のちには祐太夫という重々しい名前と日本橋の対岸元四日市に「活鯛屋敷」を拝領するに至るのですが、それもまた永代保証ではなく、実績いかんということの結果だったことでしょう。
 これは初期の幕府が自由主義経済をとっていたことと関係あるように思われますが、それはさておき、市場史という見方をすれば、当初の森一族の商売が、需要の増大に対しては問屋数を増やしていったのに対し、あらたに現れた大和屋助五郎の活鯛流通は、問屋形態を大型化して大量流通を拓いたとみることが出来るでしょう。
 魚河岸の創始者という栄誉ある名を授かり、魚河岸の主流をいった森一族とそれに続く摂津系問屋の流れ。一方で魚問屋の確立者としての実を取り、繁栄をみた大和屋とその子孫。そんな対比は一面的な見方かもしれませんが、後々まで暗闘をくり返しながらも、どこかで認めざるを得ないものがあったであろう両者は、共に魚河岸をかたちづくった大きな存在であることは間違いありません。
<閉じる> <次へ>